あの日、あの味。

clovec.exblog.jp
ブログトップ

ママのかぼちゃ煮

a0305046_09142739.jpg
ママの、かぼちゃ煮

~用意するもの~

かぼちゃ 1/4個
種・わたを取り、大きめに切っておく
(皮取り・面取り・水にさらす必要なし)

上白糖 大さじ1
塩 小さじ1/2
はちみつ 大さじ3

アルミホイル


かぼちゃも調味料も
水から入れて、ゆっくり煮ること。


鍋に
かぼちゃ(皮を下に)
砂糖、塩、はちみつ
かぼちゃが、ちょうど浸るぐらいの水

材料を全て入れ
中火で沸騰させて砂糖・塩が溶けたら
アルミホイルで落し蓋。

あとは一番弱ぁい火で
「汁が底から1センチも無い位になるまで」
ゆ~~~~っくり煮るだけ。


火を止めて、落し蓋を外すと
かぼちゃが残りの汁を全て吸い込んで
ほっくり、しっとり出来上がる…はず(笑)



調味料や水の分量は、はっきり決まっていません。
かぼちゃの量や
仕上げたい汁気にあわせて加減して下さい。

しっかり甘ぁい味付けです。

味見してみて
煮詰まったときの味をイメージして微調整。
(そこが難しい!w)


でも、だいたいは
普段 自分が作っている
「ちょうどいいと思う味」で大丈夫。

あとは回数、年季だよ。

…だそうです(笑)




a0305046_15044145.jpg


母が、
この頃なんだか料理する手が遅くなってきたと思う
トシだからかなぁ
…やぁだねぇ


笑いながら
でも、
ちょっと困った顔して、そう言った。


だから
私は
別にいいじゃん、ゆっくりで。
今はもう急ぐ必要ないんだから。

「おかーさんはやく!遅刻する~~!」って言いつつも
絶~ッ対に、なんか食べてから登校したい娘もいないし
お父さんも退職して「ゆっくり人生」になったし
弟はもともとお母さんを急かさないし(笑)

ゆっくり、楽しんで作りなよ

ねっ(* ̄∀ ̄*)

って、言った。


ふふっ、そうね

そう言った母の顔は
今度は本当に、笑っていた。


a0305046_15043654.jpg

そして
このブログのことを母に伝えた。

「ママのかぼちゃ、おいしそう」だって。
「作り方を教えて下さい」ってメッセージも貰ったよ。

母は照れて
変な顔して
あぃや~恥ずかしいこと~///
なんて言いながらも
嬉しそうに
私が大好きな、抑揚のある明るい声で
このレシピを話してくれた。


私には、この味を受け継いでくれる子供がいないけど
ママの味をここに書いたら
私だけじゃなく
コレを読んだどこかの誰かも
私のママの味を作ってくれるかもしれないねっ♬


そう言ったら
ママは


はぁ~~…
すごいねぇ。


でもね

私は
娘が元気で
近くにいるから
安心。


幸せだんよ。
ありがとう。


って言って、
にこ~~っと笑った。




a0305046_15041119.jpg




a0305046_15040621.jpg






Commented by yasushi-shi at 2015-07-30 19:01
こんばんは!
ハハウエとムスメさんの会話にほろり。いいおかあさまにいいお嬢さん(*´ω`*)
かぼちゃ煮レシピ、メモらせていただきました。おかあさまにどうぞよろしく。もうすぐ週末ですね。ワクワクだ~。
Commented by yukinko8848 at 2015-07-30 21:48
うわぁあああああ〜〜い!本当にママに聞いてくれたのですね!きゃっほ〜!!
嬉しかったなぁ〜これは!蜂蜜かぁ・・目からウロコポロポロ、きずかなかったです。
なるほどでした。これは必ずレシピの通り勉強させていただきます。気合い入ったぞぉおお・・っと張り切ってかぼちゃ買いに行って来ます。なんか質の良い本を読んだようで・・夏休みなら読書感想文かけるよ、cocoさん親子いいね、優しくて心がまぁるい母と娘なのね・・cocoさん、ママに絶対上手に煮れるように何回も作ってcocoママが教えてくれた大切な味ずっと持っていくことを”本当にありがとうございます”とお伝えくださいね・・私今夜はとっても嬉しい・・ありがとcocoさん。
Commented by mamoei at 2015-07-31 08:27
おはよう~

しみじみと母娘の会話を聞かせてもらいました。
温かい空気感に朝から良い気持ちになりました。
ありがとう!

そして早速「ココちゃん母さんのかぼちゃ煮」作ってみます!
お写真からもホクホク感が伝わってきます(^_^)v

楽しみだな~(*^_^*)
Commented by f15eagle_coco at 2015-07-31 08:31
◆やすしーしさま♬

趣味は華道、短歌、友人たちとのお食事会、旅行…
「料理は?」と聞いたら
「それは趣味ではなく、ただの家事でしょw」と笑われました。
実家にいると、ほんの1~2時間の間にも
どこからか電話がかかってきたり訪ねて来る人があったり
季節の野菜や果物の「いただきもの」が
いつでもいっぱいあることに気づく。
これが、この両親が、長い人生の間に
だいじにして、培ってきたもの(の、片鱗)なんだろうな、と感じます。

私と仲良しの母は、それでも
永遠に追いつけそうにない
ずーっと先を行く大師匠、です。
Commented by f15eagle_coco at 2015-07-31 08:39
◆yukinkoさま♬

☆-(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ☆ゥエーイ♪
聞いてきたよ~~~!!
おかげで私にしては珍しくw連日実家に行けましたw
ママ、嬉しがってた♡
ねねね、ハチミツ!それは私も知らなかった。
あとね、母は、退職してからは「時短」はまったく気にしないことにしてるんだって。
かけられるだけの手間をかけて作る楽しさを知ったから、と言っていました。
厚揚げと茄子も、一緒に煮たのじゃなくて
別々に煮たのを盛り合わせたんだって。
茄子はとろりと。厚揚げはふんわり、じゅわっと。
色も味のなじみも、煮る時間の長さでも違いが出るからね、って。
鍋もいっぱい使って、時間かけて。
仕事してた頃には無理だったよ、って笑ってた。
でも
ママが仕事してた頃の味で育ったけど
あの頃だってじゅうぶん美味しかったよ(*´ー`*)

yukinkoちゃん、私こそ、ありがとう。
いただいたコメント、ママに読んで聞かせるね!

Commented by f15eagle_coco at 2015-07-31 08:44
◆マモエさーん♬

PC┃・∀・)ノ゛オハヨー♪

それぞれのご家庭に、それぞれの味があるのは
使ってるお出汁や調味料が違うからだけじゃなく
それを作る人の気持ちや使える時間、
そして年季!経験!
そういうものも、きっと関係してるんだろうなぁと思います。

ママのかぼちゃ煮、どこまで飛んでいくかしら(笑)
(*´ー`*)あぁ…なんだか、とってもうれしいです。
書いて、よかった!!
マモエさん、ありがとう~~~!!!
by f15eagle_coco | 2015-07-30 09:35 | 和風 | Comments(6)

海っぱたの、どこからも遠い街『冥王星』に暮らす私【ココ】と、彼【オイラ君】、そして三つ子の猫姉妹。日々の小さなアレやコレやを、ちらりほらり記しています。


by ココ