あの日、あの味。

clovec.exblog.jp
ブログトップ

冥王星の花火大会。


暑い週末でした


エアコンつけっぱなしの寝室で
20時間は寝ていた
こなつ


a0305046_08223685.jpg


かいてき♡


こなちゃん
たまには
ここから出てみたら?

…って聞いたら


この顔で
a0305046_08224419.jpg

ヤ!
って言った(笑)


そうか
イヤか(笑)



あら
また眠くなっちゃったん?

a0305046_08224833.jpg




コテン☆

a0305046_08225262.jpg



ぱかー

a0305046_08223192.jpg

こなつは
天真爛漫だのぅ




a0305046_08305196.gif


土曜日は
冥王星の花火大会でした


打ち上げ会場近くでは
夕暮れの始まる前から
見物の人たちが
たくさん集まってきて

敷物を広げたり
アウトドア用の椅子を置いて

持ってきたオベントウや
たくさん並んだ屋台から
美味しいものを買って
のんびり食べながら
夜を待つのです


この花火大会には
いつもの冥王星の人口の
倍以上もの人が集まるとききましたが

なにしろ会場は
一級河川の広大な河川敷

周りにも
高い建物なんて
何も無いので

どこに陣取りしても
ゆったり座って
見ることが出来ます



私の実家は
この会場のすぐ近く

なので
私とオイラ君は
毎年
実家に車を置き
歩いてスグの堤防に出て
頭の真上に上がる
でっかい花火を
楽しみにしています


a0305046_08310222.gif


今年は
この花火大会に
母も一緒に行きました


今まで
何十年も
実家では
花火大会の日は
両親が お友達を招いて
庭先に上がる花火を
リビングから見る
「夏のお楽しみ会」を
開いていました


もてなしの料理は
母の手作りでしたが
気取りの無いメニューだから
手伝いは必要ないと言われ

私は
花火大会が終わってから
立ち寄って
片づけを手伝うぐらいでした


でも、今年からは
その会は「卒業」して
花火大会は
普通に晩ごはん食べて
のんびりできる日にしたんですって


だから
今年は
私とオイラ君が
実家で晩ごはん食べて

母をつれて
いつもの場所まで行き
母も「外で」
花火を見ることにしたのです


弟は
同級生たちとお出掛け

父は
暑いのが苦手なので
留守番がいいんですって(笑)


夕方、実家へ行く前
オイラ君は
3人 ゆっくり座れるように、と
大きめの敷物を買ってくれました



a0305046_08313572.gif

母曰く
オイラ君が好きかどうか
分からなかったから、と
数を控えめに作ったらしい
ピーマンの肉詰め
(それでも20個あった…)

ちょうど頃合の茄子漬
インゲン豆の甘煮
夏イカの煮付け
茹で玉子たっぷりポテトサラダ
枝豆
たこやき!
(オイラ君、ちょ~喜んでたw)

炊きたて白米


「ふつうの」晩ご飯で
これだもんなぁ


ママ…

ウチの晩ご飯を見たら
頭抱えちゃうんじゃないだろうか


美味しかったなぁ

ふつうの
実家の晩ご飯


a0305046_08312124.gif

日中の気温が34度にもなった
その熱気が
まだアスファルトに残っているような
午後7時


実家前の道路を
たくさんの人が
歩いています


宇宙の琉金みたいな
ひらひら浴衣の
お小さいさんを連れた
若い家族


手を繋ぎ
ゆっくり歩く老夫婦


肩を出したり
背中が見えたり
カラフルで華やかな
お嬢さんたちのグループ


黒のTシャツに黒ジーンズ
シルバーアクセ
じゃらじゃら
ちょっとやんちゃな服装で
緊張を隠した男の子と
白地に
紅色朝顔を描いた浴衣で
ちょっとオトナっぽい女の子のカップル


じっちゃんばあちゃん
夫婦に子供
大家族スペシャル




老若男女
同じ方向へ歩く人の波の中

私も
母と
手を繋いで
ゆっくり歩きました


母を真ん中に
オイラ君も
水筒やタオルや
買ったばかりの敷物が入った
リュックを肩に

母に寄り添うように
歩いてくれていました



家から5分

河川敷の斜面に
敷物を広げて

母と、私と、オイラ君

初めて
三人で待つ
一発目




東の
濃紺の空には
月が輝き

西の空には
すぐそこの海に沈んだ夕陽が
遠い松林に
光と翳の余韻を残す
素晴らしい雰囲気の中


母と
星が見えたとか
まだ見えないとか
そんな
取り留めのない会話で
笑いながらも

私は

なぜか
胸がいっぱいで
涙がこぼれそうでした



海から吹く風が
ほんとうに
ちょうどいい涼しさで


ああ~
気持ちいいねぇ

こんなに涼しいなら
お父さんも来たらよかったね


そう言って
母の顔を見て
ふたりで笑い


水筒の
つめたい麦茶を
コップに注ぎ
母に手渡したとき


今年の
冥王星 花火大会が
始まりました





a0305046_08305476.gif



明日は
出張のため
ブログ更新はお休みです




a0305046_08321093.gif


Commented by kobacken at 2017-08-07 12:46
花火大会!!
楽しさの中に、温かい優しい涙・・・もう、泣かすなよー。
今日のはさ、そのまま絵本になりそうね。
花火の写真はないけど、幸せな三人と花火の光景が見えてくる感じ。
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-07 13:59
◆H子ちゃん♬

いつも、どこかへ出かけるとき
オイラ君は私に
(* ̄∀ ̄*)カメラ持った?←って確認するのに
この日は、私が
ねぇ(゚ω゚ )カメラ持ってく?って聞いたら
(*'_'*)イラネ。
って言ったの。オイラ君が。

ほぼ初めてみたいに「外で」、花火大会の会場まで来て見る母。
花火が上がるずっと前から
ヒトの流れを見ては、すごいね~って言い合ったり
ゆったりと暮れてゆく景色に感激したり
全ての花火ひとつひとつに笑ったり感動したりする母を見て
(あぁ、そういうことか…)って思ったの。

うん。
カメラじゃ、だめだった。
今日は、私が、私の胸の、「ここ」に収めるべきものだったんだ、と。
Commented by Room230 at 2017-08-07 15:41
こんにちは、cocoちゃん♪

こちらも、地元で一番メジャーな花火大会が開催されました。
以前はベランダから見れた花火が、近所にたくさんのマンションが建ち、もう見れなくなっちゃったのよね〜
長く住んでいても、あの人ごみに耐える勇気がないので、一度も花火大会には行ったことが無く、毎年nhkのライブで見学しています(笑
cocoちゃんの記事を読みながら、そうそう、花火にはたくさんの想いや思い出があるんだよね〜と、あの花火のライブ中に流れるナレーションを思い出していました。
若かりし頃、母と見たという女性が「今は孫と見てます」とかね。
お母さんにも、忘れがたい時間になったでしょうね♡

Commented by f15eagle_coco at 2017-08-07 16:17
◆フィーユちゃん♬

PC┃・∀・)ノ゛ こんにちは~!

おお、そかぁ、マンションに住んでる人は
河川敷の草むらに座って見る花火とは違う高さで見ているんだねぇ。
おうちから見えなくなっちゃって残念!
でも、TVでライブ中継があるの?
ほんとに大きな花火大会なんだねぇ(*´ω`*)
冥王星の花火大会も人ごみは確かにすごいけど、
ウチの場合は本当に近所だから
これから毎年、母と(できれば父も)一緒に
見に来たいなぁって思ったよ。
だって、ママ、ほんとに嬉しそうだったんだもん。
Commented by kitchen-tomo at 2017-08-07 17:33
ココちゃん、こんにちは〜♫

すてきなひととき、ありがとう😊
こちらまで、幸せになります。
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-07 19:54
◆TOMOちゃん♬

こんばんは〜🌠
花火は一瞬で夜空に消えてしまうけど
この思い出は、たぶん私
一生忘れないだろうな〜って思ったよ(●´ω`●)
Commented by mary_snowflake at 2017-08-07 21:03
遅らばせながら…、夏の花火大会の夜の様子が つぶさに浮かんでくるような、ココさんの素直で透明感のある文章、表現。本当に素敵です。
お母様は おもてなし上手で お料理もお上手で これまで 花火のもとに集られる方々に 色々振る舞われていらっしゃったのでしょう。
花火のもとにというか、ココさんのお母様のもとに、だったのかもしれませんね。
素敵なお母様!
でも、今年、お母様は 寛ぎの時間の中で花火の一つ一つを初めてのように見上げられていらっしゃったのですね、
ココさんのその優しく素敵な涙.…、私、共有します。
おいら君さまの優しさも 特一級ですね!
忘れられない夏の夜でしたね。

Commented by watmooi at 2017-08-07 23:27
花火の日のココさん一家の情景が目に浮かび、
映画を見ているような気持ちになりました。
そしてなんだかジーンとしてしまいました。
カメラ要らない、って言ってくれたオイラ君はほんとうに
やさしいね。
そしてお母さまは幸せですね。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-08 11:29
出張、おつかれさまです。暑いから大変ね。どうぞお体にさわりがありませんように。
花火のお話にホロリ。また大切な思い出がまたひとつ、宝物が増えましたね。おかあさま、よかったなあ。。きっとおかあさまにも大切な思い出になりましたね。おいらさまの大きく寄り添うようなところがとても素敵。
Commented by nanako-729 at 2017-08-09 09:56
ココちゃん、おはよう!
毎年見てる花火大会が今年はさらに
心に残る思い出になったね!
ほんとにこんな何気ない日常が一番幸せなんだよ!
それに気づいてるココちゃん親孝行な素直な娘( *´艸`)
オイラくんも優しい気遣いの出来る婿どの
こんな婿どのうちの娘にも欲しいよ♬
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-09 11:20
◆サファイアさま♬

こちらこそ返信が遅くなって失礼いたしました。
ウルウル涙の共有、ありがとうございます(*´ω`*)エヘヘ

実家の食器類は、家族が日常的に使っているものも全て10客とか12客。
ごはん茶碗や汁椀等は30客揃えなんてものも。
だから私は食器って何でもセットで売っているものだと思っていました。
実家では(本家でもないのに)一年を通して
何かにつけてヒトが集まり、そのたびに母が料理を振舞って
ワイワイ賑やかに食事することが多く
私自身そういう中で育ってきたので
イマドキの流れなのでしょうか?
個人の家にはあまり集まらないお付き合いの形は
(気楽だけど)そういうもんかな、なんて
ちょっと寂しさも感じたりします。

でも、今年の花火は、ほんとうに
物心ついてから初めて、
母と一緒に、外で見た経験で、
思いのほか嬉しく思い出深く残った日となりました。
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-09 11:26
◆watmooiさま♬

返信遅くなってすみません!
台風の間をすり抜けるようにスイスイと
(傘を開くこともなく!)無事に出張から戻りました♬

あったかいコメント、ありがとうございます。
オイラ君って、すご~~~~く
「いいひと」なんだな~~~と思うんです。
私は、トシ食ってる割にモノを知らないし
ワガママでトンチンカンなところもいっぱいあるんだけど
オイラ君は、ほん~~とに出来た人だなぁ…って感心するんです。
なんでこんないいひとが
私と一緒に居てくれるんだろう…って(笑)

だから、これからも、何年経っても
「ありがとう」だけは、
ちゃんと思って、ちゃんと伝えて
生きて行こうと思います。
(*´ω`*)エヘヘ
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-09 11:37
◆やすしーしちゃん♬

PC┃*´∀`)ノ゛彡゚.:。+゚タラ~イマ~♪
イヤ~~~仙台むっちゃ蒸した~!!
街も駅のホームも「蒸篭か!」(゚Д゚)ってくらい暑かった。
でも青森に着いたら 
え?(゚Д゚)ホームにエアコンかけてんの?
ってくらい軽やかに涼しくてビックリだった!
ほかのところでは恐ろしい台風被害が出てるのに
日本は広いなぁって、妙なタイミングで確認した旅でしたよ。

(*´ω`*)ぅん
だいじなこと、またひとつ増えた。
オイラ君の株も、また上がった。
今年の夏も、私は幸せのなかにイキテイル。
ありがたいことだなぁ。
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-09 11:43
◆nanakoちゃん♬

PC┃・∀・)ノ゛ こんにちは~!
そうなの!
毎年のことなのに、毎年心に残る何かがあるんです。
夏の暑さがとことん苦手な私だけど
冥王星の花火大会は大好きなイベント。
それが今年からは、もっと、ますますだいじな日になった気がします。

あっ
恐れ入りますが
オイラ君は一点限りの非売品のため
お嬢様にはお譲りできかねます!
(* ゚ 艸 ゚ *)ぷぷぷw
by f15eagle_coco | 2017-08-07 09:26 | 実家にて。 | Comments(14)

海っぱたの、どこからも遠い街『冥王星』に暮らす私【ココ】と、彼【オイラ君】、そして三つ子の猫姉妹。日々の小さなアレやコレやを、ちらりほらり記しています。


by ココ