あの日、あの味。

clovec.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 15日 ( 1 )


薄曇りの空の下

人影まばらな
冥王星駅を出発するときは
七分袖の薄手のカーディガン姿は
心細いほど肌寒かった
金曜日の朝

ついに
とうとう
いよいよ
『生涯初!単独・上京ものがたり』
はじまりです


ココロの中は
これから始まる1日の段取り
(主に東京駅を無事に出られるかどうか)
でイッパイでした

a0305046_09224781.jpg


びゅんびゅん
後ろへ飛び去っていく
手前の景色と

冥王星にしては珍しく
ゆったり
のんびり
波静かな海を眺めながら

モーニング・コーヒーを楽しみましたw


心に余裕なんか
ぜんっぜんないのに
ドーナッツは食える(笑)

a0305046_08430078.gif

生まれて初めて
ひとりで行った東京は
大きく
かっこよく

そして

私には
とっても
やさしかったです



東京駅から乗った
タクシーの運転手さんは
やわらかな関西訛り

上京して、まだ2年ですわ


途中、なんてことない交差点から
背ぃ高ノッポのタワーが見えて

(゚∀゚)あれは!スカイツリーですか?!

(*^ω^*) ええ、そうです~
大きいから
案外どっからでも見えるんですよ

あら(゚∀゚)そうなんですか?
でも
東京に来て
こんなにスグに見られたなんて
なんだか嬉しいです
(おのぼりさんサクレツw)


タクシーは、カーナビつきで
スイスイ走ったけど
最後の最後に
ちょっと迷っちゃったらしく

領収証を切ってから
おつり100円
おまけしてくれました


ほぼ予定通りの時間に
東京支社に着き
そ~っとドアを開けると
本部長が
席から立ち上がって
おお!無事に着いたね
笑顔で迎えてくれました


ほかの社員みなさんにもご挨拶を、と
私が歩き始めたら
みんなのほうから
本社から女性社員が出張してくるのが珍しいので
ワラワラ寄って来てくださいました(笑)

そして
いちいち
エッΣ(・ω・ノ)ノ!日帰りー?! と(笑)


そして
同じ会社でありながら
初めて会った女性社員
「東京ガールズ」は、みんな
綺麗で可愛くて
イキイキした仕事ぶりで
全員「猫好き」で(笑)

初対面なのに
お互いの飼い猫の写真を
見せ合いっこ大会(笑)

それから
以前は冥王星(本社)勤務で
東京支社へ転勤になり
数年ぶりに会ったH君

彼も、いまや課長さん

でも
私を見つけた途端
小走りで寄ってきて
満面の笑顔で挨拶!
…と思ったら
サッと身を翻して立ち去っちゃった…
かと思えば
すぐに戻ってきたときは
冷たいお茶の入った
小さなボトルを
手渡してくれたのでした

(;∀;)オトナニ ナッタナー


そんな、いろんなことが
なんだか
とっても嬉しくて
何故か
私が誇らしく思っちゃいました


a0305046_08432618.jpg


本部長が約束してくれた
「高級ランチ」は
支社の近所にある喫茶店の
特製・和風ハンバーグ定食w

でっかいの!
んまかったぁ~


それほど広くない店内は
ほぼ満席

賑やかに食事を楽しむ
この辺にお勤めの人たちの
話し声
笑い声

そんなお店のカウンターで
本部長と肩を並べ
シゴトの話
懐かしい話
これからのこと…
いろんなことを話しながら
仕事では長い付き合いでも
一緒に何かを食べるのは初めての
お昼ごはん…

確かに「高級」でした


a0305046_08425819.gif
午後になり
無事に仕事を終えた私に
本部長は
まだ、時間あるんだよね?
と言い

ご自分のSUICA←初めて見た!w
私に貸して
地下鉄に乗って


ここに、連れて来て下さいました
a0305046_09221555.jpg


乁(๑˙ϖ˙๑乁)ガオ~♡


ほんものの「日本橋」だああ…!!



ここから、はじまったんだ…
a0305046_09222141.jpg



深川、八丁堀など
ちらちら見えていた
道路標識の文字にさえ
地続きに
時間を越えた
「江戸」を感じていた私は

この碑の前で
ちょっと
ボーっとしてしまいました


そしたら


ココちゃん
時代小説が好きだったよね

昔あった「図書室だより」に
ずっとコラム書いてたでしょ


うつむいて
自分のスマホを操作しながら
本部長が、そう仰ったんです


本社の図書部長だった私は
数年間
本来の業務とは全く関係のない
「図書室だより」を書いていました


新刊図書の紹介のほか
蔵書の中から図書部長の私が
独断で選ぶ
「ココがオススメ!」的なコーナーを
勝手に作って(笑)

そこに何度か
私が好きな時代小説のことも
載せたことがあったのです


読んで下さってたんだ…


図書室だよりの発行は
ほんの数年間のことでした

そのなかで
時代小説のことに触れたのは
何回あったかしら…


会社の図書室は
膨大な蔵書もそのままに
いまだ残されては いるけれど
「図書部」は
世の中の流れの中で
もう何年も前に
廃部になってしまい

図書室だよりも
それっきりなのに…

覚えていて下さったんだ…



あれぇ~?
もー!
なんかさっきから
グーグルマップが調子悪いな

ココちゃん
なんか魔法使ったな?(笑)


そう言いながらも
本部長は
私の荷物を持ってくれて
大きなデパートを
2つもハシゴしてくれて

私がいるフロアの女性社員たちへ、と
バウム・クーヘンを
買ってくださいました


えいたろう飴の本店にも
連れて行ってくれました


昔、「うたうひと」だった私
今、「おはなしする仕事」の私

あめちゃんは、必需品です


冥王星の後輩みんなと
自分へのオミヤゲに
赤い三角のポーチがついた
詰め合わせを買い求めました


でも
ふだん歩き慣れてない私は
これっぽっち歩いただけで
両足のウラに水ぶくれが出来てしまい
途中からは
もう脳内
(やばいやばいやばい)がグルグルで
どうかつぶれませんようにと祈りながら
本部長に気づかれないよう
1歩半さがって
ひっしで歩いていました(笑)


最初の約束どおり
東京駅の新幹線ホームまで送ってもらって
本部長とお別れした後は
もう誰が見てもヨレヨレ
ボロボロな歩き方でしたが

こんな素敵な一日は
たぶん
二度と、ない!

そう思えるくらい
それを思い出すだけで
胸がいっぱいになるくらい

素晴らしい思い出になりました


a0305046_08432046.jpg

ありがとう、本部長

ありがとう、東京




いい靴、買おう(笑)
a0305046_09245444.jpg

帰宅した翌日は、丸一日
両足の水ぶくれのため
まるっきし使い物ならなかった私

ヤーイ、ポンコツ~と笑いながらも
掃除、買い物、炊事に
猫の世話
なにもかも全部引き受けてくれた
オイラ君に感謝状を!


a0305046_08430609.jpg


行く前から大騒ぎ

ここでもたくさんのお友達に
お声掛けいただいて
ほんと、どうもありがとう!


初めての、ひとり東京


無事に
胸いっぱいに帰り着きました


長~い一日のお話を
最後までお付き合いくださって
どうもありがとうございました



東京、またね♬



a0305046_08450801.jpg



by f15eagle_coco | 2017-05-15 11:37 | おでかけ。 | Comments(10)

海っぱたの、どこからも遠い街『冥王星』に暮らす私【ココ】と、彼【オイラ君】、そして三つ子の猫姉妹。日々の小さなアレやコレやを、ちらりほらり記しています。


by ココ